赤錆・赤水対策、効果的な方法とは?

赤錆(あかさび)とは?

赤錆とは、鉄が水道水に触れ、酸化してできる酸化鉄(錆)のこと。日常的に目にする錆はほとんどが赤錆で、赤茶色の酸化物がこれにあたります。

同じ錆でも、岩清水のような良質の水に触れてできる黒錆と、水道中で鉄が酸化してできる赤錆とは性質が異なります。黒錆は金属の表面にすき間なく緻密に形成されるため、表面メッキのように内部の金属の酸化を防止するはたらきがあります。しかし赤錆はすき間が多く、非常にもろいのが特徴です。赤錆は放っておくと鉄の内部のほうへ広がり、鉄全体をボロボロに傷めてしまいます。

赤水(赤水)

赤錆が溶けた水のことを「赤水」といい、築年数の経った住宅の水道管などで見られます。蛇口をひねって最初のうちだけ赤水が出るというケースはよく見られます。

人体・生活への影響
人体・生活への影響
  • 赤水の中には、鉄バクテリアなどの微生物が存在します。不衛生であるうえに、他の細菌の発生を招くこともあります。
  • 鉄の味がするなど、水の味が落ちます。
  • 赤水が出ることで洗濯物が赤色に染まってしまいます。
  • 洗面器・便器に赤茶色の水跡が残ってしまいます。
  • 水の流れが悪くなり、漏水の原因になります。
  • 製品製造において水を利用する場合、製品の品質に問題が生じることがあります。

赤錆・赤水で手遅れになる前に…

水道管の内部の赤錆は、肉眼で確認することはできません。また、赤水といっても水道水が真っ赤に染まっているわけではないので、普通に使用しているだけでは水道管内部の状況は見ることができないためまったく想像もつかないでしょう。

しかし、年月が経っていれば赤錆は発生し、赤水が流れてきます。特に1970年代以前に竣工された建物で使用されているGP管や1990年以前のVLGP管は、赤錆・赤水対策が必ず必要です。1990年以降に竣工した建物でも、コア継手を使用している場合は対策が必要になります。

手遅れはコストの増大を招きます
手遅れはコストの増大を招きます

水道管の漏水事故など、手遅れになってはじめて工事などの手を打つことも多くあるようです。しかし対策が遅れ、赤錆が深く進行していくと、とれる赤錆対策メニューも限られてしまいます。工法によっては再度対策が必要になるなど、高額な費用がかかるといったデメリットしか生みません。アセットマネジメントの視点からも、現在赤錆が進行している場合はその程度を診断によって認識し、その現場に応じた対策をとることが非常に大切です。

こんな症状が起きたら赤錆・赤水の危険信号です

以下は、目に見えない水道管内部からの危険信号です。ひとつでも当てはまったらすぐに対策をとりましょう。

  • 水がまずく感じる
  • 水から鉄の味がする
  • 水がにおう
  • 水の流れが悪い
  • 洗濯物があまりきれいにならない、色がつく
  • 洗面台や便器に赤い筋が残る
  • 数日ぶりに水道を使うと、最初だけ赤っぽい水が出る

都市拡業の赤錆・赤水対策

給水管の種類・使用の状況・水の利用目的によって必要な対策は異なります
都市拡業の赤錆・赤水対策

都市拡業では、給水管の種類や現場の状況に応じて最適な改善ソリューションを提供しています。工場用水なのか、飲用水なのか、何年頃に建築された建物(パイプ)なのか、また予算はどれくらいか……など、現場ごとの違いを把握したうえで、オーダーメイドのように最適な対策をご提案します。

主な水道管
管の種類 特徴 錆劣化対策のポイント
GP管(ガルバニックパイプ)

※1971年頃まで普及
内部がすべて鉄でできているため錆が出やすい 1974年の厚生労働省サーベイランスによって赤錆・赤水対策としてライニング工法が推奨されてきたが、「ライニング剤に含まれるビスフェノールAの溶出により健康への悪影響がある」ことが広く知られるようになり、現在はその使用が問題視されている
VLGP管(ビニールライニング鋼管)

※1975年頃より普及
内部をビニールでライニングしている ビニールなどの皮膜で覆われており劣化はしないものの、水に触れる継手接合部分は皮膜がないため劣化が進んでしまう。この部分の錆対策が必須
コア内蔵継手

※1989年以降に普及、1998年頃より民間建物で広く普及
接続ねじ部分を樹脂製のコアで保護し、水の浸入を防いでいる VLGP管の接続部劣化という弱点を受けて導入されており、現在もっとも多く使用されているが、完全に対策されているかどうかに関しては疑問視する声もある
都市拡業の赤錆・赤水対策

健康被害が予想される工法は利用できないため、まず生活用水か否かによって利用できる工法が限られます。次に、建物の状況などに応じた経済的なエンジニアリングを考える必要があります。私たち都市拡業では、赤錆対策コンサルティングとしてあらゆる工法を駆使し、それぞれの現場に最適なエンジニアリングをご提案します。

生活利用水の場合に弊社が推奨するのはセラミック水改質装置「ザ・バイオウォーター」です。これは給水管を通る水道水を改質することで今ある赤錆を黒錆に変化させます。「管」ではなく「水」にはたらきかける――この逆転の発想により、赤錆対策が進化しました。「ザ・バイオウォーター」で改質された水が赤錆劣化部を修復し、それ以降の赤錆の生成を防ぎます。“錆をもって錆を制す”ことを可能にしたのが、ザ・バイオウォーターによる「酸化被膜工法」です。

以下に、生活用水用給水管の対策エンジニアリングの一例をご紹介します。

(1)水道管洗浄 (2)配管の補修・取り替え (3)セラミック水改質装置「ザ・バイオウォーター」の設置(酸化被膜工法)
赤水が出ている場合は複数の洗浄工法のなかから最適な工法を選択し、水道管内部を洗浄します。

【工法例】
給水管洗浄システム「JAB工法」、過酸化水素 など
>>都市拡業の洗浄工法
配管を診断し、ダメージ度合に応じて次の対策を実行します。
①漏水発生箇所の補修
②劣化の激しい異種金属接合のバルブ部品を、コア内蔵式に変更する工事
③地中埋設管の配管自体の取り替え工事
水そのものを改質することで赤錆対策ができる装置を設置します。

今ある赤錆の軽減と今後の赤錆を防止するため、長期的な水道管の保全に大きく貢献します。
>>都市拡業の「ザ・バイオウォーター」
酸化被膜工法の仕組み

酸化被膜工法では、カソード部は緻密な炭酸カルシウム被膜を形成し、アノード部では緻密な黒さびが形成されます。両方の効果で、酸化被膜工法では鉄の腐食速度を大きく抑制します。そして、既存の赤さびの黒錆化の反応が進みます。

酸化被膜工法の仕組み

破膜抵抗測定装置

皮膜抵抗測定装置

ザ・バイオウォーターについてはこちら

少しでも気になる方は今すぐ配管の診断を!診断のお申込・お問い合わせはこちら

Return to TOP